2011年04月25日

応急手当講習

 いざの時に役立つ講習

 昨日は近くの公民館で「救命救急応急手当講習」があり、
参加させてもらいました。

 6年前、自分の祖母が喉に物を詰まらせて呼吸停止状態
になったことがあります…
 その後、数日間意識も戻らず心臓停止に…

 同居はしていませんでしたが、もし今回の講習を受けてた
らと思い…

 勇気がいる行為ではありますが、そのような場面に遭遇
しても冷静に対応できるようになれたらと思います。

 AEDのある場所も知ったので必ず役に立ちます。

 早島BLSの皆さま大変お世話になり、ありがとうございました!

posted by 海風情熱人 at 22:47| 岡山 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の父も数年前バナナを詰まらせて心肺停止になりました。確かに練習は必要ですね。
でも、なかなかそういう講習はすくないし、参加するタイミングってないと思います。
でも、心肺停止の人を目の前にすると何も出来ない自分にきずきアタフタです。
私も是非参加してみたいです。
Posted by タッキー at 2011年04月28日 23:52
 タッキーさん!
 確かに自分の目の前で起きる危機にアタフタしない対応の訓練は必要ですよね。 
 今日からゴールデンウィークですが、仕事をされるんですね!
 また不意に逢いに行きます!!!(笑)
Posted by 海風情熱人 at 2011年04月29日 16:36
ALOHA!
CPRのことですね。ハワイやアメリカでは、身体障害者を病院や家などに送り迎えする運転業や、幼稚園やスクールバスの運転手になるためには、会社によってCPRの訓練を受けたという証明書が結構要ります。ハワイでは、マッサージ師の資格を取る時にも必ずCPRの証明書がいります。。。
 アメリカでは、いつでもどこでもCPRのクラスが受けられて、1日くらいでコースが終了でき、ライセンスが取れます。私はまだこのライセンス持っていません。
 私の夫は、テニスとかバスケットボールをしていて、もし心臓発作をおこしたら、そのまま天国へ行かせてくれ。。。それが一番幸せな死に方!!なんていっています。。。でも、食べ物を喉に詰まらせたら、その時はどうにかして助けたいですね!!
Posted by redhotpot at 2011年05月01日 14:06
 Aloha〜!
 アメリカではCPRって言うんですね!
 この資格は3時間の講義と実習を受けて取得することができました。
 もちろん食べ物を喉に詰まらせた時の対処法も教えてもらいました。
 1.背中をたたく
 頭をなるべく低くさせ、肩甲骨の間を続けてたたき、咳をさせるようにして異物を排出させます。
 2.ハイムリック法
 腹部を圧迫することによって、その圧力で異物を排出させます。
 実際にすることがないことを望みますが、知ってるだけで安心感があります!
 Mahalo〜!!!
Posted by 海風情熱人 at 2011年05月03日 08:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/197732209

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。