2010年04月15日

農業政策

 豊かな国づくり

 最近は児島でも休耕田が目立ちます…

 日本の原風景でもある水田がある風景〜
 児島尾原などの田舎に行けば、水田に石垣が組まれた
棚田が今も大切に守られています!
 ですが、どの棚田も小さな小さな棚田…

 昨今、民主党政策で受付実施が始まった「コメ個別所得
補償モデル」や「水田利活用自給力向上事業」など岡山県
にいたっては受付件数がまだまだのようだ…

 農業をしたことのない私だがこの政策には最低10アール
以上の耕作地が必要だ!
 つまり、1000m2=約30m×30m

 アメリカみたいな広大な土地に機械化された農業ならまだ
しも、日本の美味しいお米は主に棚田であり、兼業農家の狭
い土地である!
 そのほか、耕作放棄地対策の補助など、どの対策も基本的
には大規模農家への補助!

 今後、グローバル化が進み農作物の輸入自由化〜特に関税
で守られている米が自由化にならぬよう〜危惧して止まない!

 すでに小麦・大豆・トウモロコシは輸入に頼り、自国の作物は
壊滅状態…

 自国の米だけはどうしても守りたいと願いながら毎日食べて
います…

 食糧戦争が来ませんように… 

 

 
posted by 海風情熱人 at 21:33| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 私を熱くする「もの」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146629450
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。