2009年04月18日

倉敷民藝館

 倉敷民藝館〜六十年の歩み〜

 今日は、楽しみにしていた講演会が民藝館でありました!
 今、倉敷民藝館では開館六十周年の節目にあたり企画展
「外村の育てた工人たちー六十年の歩み」が6月7日まで開
催されています!その期間中の特別講演会でした!
 大原総一郎氏に招かれた外村吉之介!その方達の力なく
しては今の倉敷はないと思います!その偉大な父親のご子
息、4男の石上信房さんの話でした!
 今でも「倉敷本染手織研究所」所長として民藝活動を地道
にされて日本の良き昔の伝統がそこにはあります!
  
 DSCF2630.JPG DSCF2635.JPG

 DSCF2634.JPG DSCF2632.JPG

 今日の講演で学んだ言葉!

 日々美の喜び  (毎日が美しき喜び)
 風雪一 丹青萬 (修行を同じくし、その後は萬に)
 京遠 美近    (京は遠く、美は近し)
 木綿 往生    (木綿は人のために身を挺して働き、往生する)
 無名 本然    (有名でなく、本来のあるべき姿)
 玩物 喪志    (玩物は志を失う 民芸品は使ってこそよし)

 こんな素晴らしき「倉敷民藝館」が今後も倉敷に息づきますように!!!
 
 
  
posted by 海風情熱人 at 17:28| 岡山 | Comment(2) | TrackBack(0) | 倉敷の「民藝」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実家が千葉なので、
そちら方面のお客様がこられたら、
必ず、美観地区を案内します。
しかし、倉敷民藝館はしっかり見たことがありません。いつか、案内してくださいね!
Posted by ジュリアン at 2009年04月18日 19:29
 ジュリアンさんおはようございます!
 「倉敷民藝館」に関すること本当に多く話すことがあります!案内しますよ!
 で、その民藝と大原家(大原孫三郎・総一郎)との関係・倉敷の伝統的建物
の保存との関係がすべてここにあります!
 個人的に、今に息づく民芸品(倉敷ガラス・倉敷手織段通・花むしろ・藍染の
のれん)を毎日暮らしの中で使って心豊かに過ごせています!感謝!
 また、倉敷にお越しください!!!
Posted by 海風情熱人 at 2009年04月19日 07:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117712411
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。